インテリア

7月の季節飾り

6月後半に飾ったフランス菊は2週間で枯れてしまいました。思ったより短かった。
湿度のせいか、カビちゃってたんですよね。

7月前半はヒマワリとリンドウ+かすみ草

7月に入ったらヒマワリを飾りたいなーと思っていたら、良いタイミングでヒマワリをゲットできたので、ヒマワリとリンドウ+かすみ草に。青と黄色が大変可愛い。

ただリンドウはちょこちょこ枯れやすくて、枯れたら1こずつ摘むようにしてました。
多少であれば摘んでも華やかなままでよいですね。

しかし、夏場は暑さと湿度で枯れやすくなるらしく、ヒマワリ達も2週間持たずでした。

夏場に切り花を長持ちさせるコツは、

  • 飾る本数を少なくする
  • 口の広い花瓶を使う
  • 水も少なめにしてこまめに替える
  • 部屋を涼しくする

がポイントのようです。

7月後半はブルースターとかすみ草

長持ちさせるコツに習い、水を少なめにして水色と紫が可愛いブルースターとかすみ草を飾りました。
かすみ草の半分はヒマワリ達と一緒に買ったやつなので、かすみ草の持ちの良さはやっぱりすごい。

ブルースターは時間が経つと白くなっちゃうんですな。
あと紫のほうが先に枯れやすかった感じ。

ブルースターって茎を折ったり切ったりすると、白いベトベトのミルクみたいな汁が出てくるので、切るときは注意ですね。

やっぱり夏用に口の広いフラワーベースも欲しいなぁ。
でも口が広い場合はどうやって飾ったらいいのだろう?ちょっと調べようかな。