雑貨

和山窯の『Hachi-how』に出会ったら他の食器も気になってきた

気付くと食器に目がいくようになったマジョです。

世界の解像度が上がるという現象なんでしょうか。よくよく見渡すとあちこちに食器が売っていて、よく行く場所も新鮮に感じます。

雑貨屋さんで和山窯の『Hachi-how』に出会ってしまった

息子がお箸を噛んで折ってしまったので(本当に似たようなタイミングで)、お箸を買いに行ったんです。
こだわりの強い息子は「気に入っていたから全く同じ箸がいい」と言うので、前回買ったお店に行くことに。

色んな雑貨を扱うセレクトショップ系のお店だったので、もう扱ってないかもなーと思ってたんですが、幸いにもまだありまして、無事に新しいお箸をゲット。
ついでに色違いも買っておこう、なんて言いながらお箸を置いてる棚を見ていると…、おや。

お皿が置いてあるじゃないか。

八角の綺麗な青色のお皿。横長のお皿って意外と使えるんですよね。
見かけた時はさすがに買わなかったんですが(他にも買い物してたので)やっぱり欲しくなってきて、、、

買っちゃった。

裏を見てみると『WAZAN』と彫ってあり、調べたら和山窯の『Hachi-how』シリーズだというのがわかりました。

買ったお店の値札には『HAKKAKU』とあったのですが、どうみても同じなので、名前が変わったのかな?

波佐見焼というもので、見た目よりも軽くて使い勝手がいいです。横長のお皿やっぱいいな。

気になるお皿が増えてきた

Hachi-howシリーズについて調べたりしていると、世の中には本当にたくさんの食器があるんだなと。おかげで気になるお皿が増えてきました。

作山窯『SAKUZAN Stripe』シリーズ

お皿の縁や、ボウルの下に細かいフリルのようにも見える、細いラインが入っているシリーズです。

美濃焼の和食器ですが、シンプル&カジュアルな雰囲気がいいですよね。

STUDIO M’『フランボワーズ 』シリーズ

不規則に並んだフランボワーズ のレリーフがすごくオシャレで、かわいいシリーズ。プレート2サイズしかないんですが、色味と凹みによる陰影がすごくいいですよね。

柄物でもこういうレリーフものが好きです。色味の多い柄だとごちゃっとしちゃうんで。

STUDIO M’『ミント 』シリーズ

『フランボワーズ 』と同じ、STUDIO M’ のお皿。丸皿の一端にだけミントのレリーフがあしらってあって、すごくオシャレです。

カフェ飯によさそう。こういうのもいいですよね。


色々見てて思ったのは、シンプルめでツルツルしてて、洋風でモダン寄り&少し飾りがあるもの、が自分の好みなのかなぁと。

STUDIO M’ さんの食器は個人的に好みなものがいっぱいありましたね。実物見てみたいなぁ。

お皿ばっかり見てるけど、今はスープ用のちょうどいいボウル?カップ?お椀?が欲しいんですよね。
ル・クルーゼだとちょうどいいのがなくて。視野を広げて探してみてもいいかもなと思ってます。